電話番号:06-6225-2645

無料で通話ができるSkype

スカイプ(Skype)にてカナダから直接留学カウンセリング(無料)が受けられます!

現地スタッフの日記

2011年02月18日(金)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年前の夏に、息子が自転車キャンプに参加し、左手首を骨折して帰宅し、サレーメモリアルホスピタルで手術を受けました。2年が経過し、手首にはめられたままのボルトを取ることになり、今日再手術となりました。

昨日の深夜から断食を言い渡されていましたので、空腹で機嫌の悪い息子を午前中に病院に連れていきました。午後1時に手術室に入りました。簡単な手術と説明を受けていましたので、オフィスが病院から近いので、私は一旦オフィスに戻り、息子が麻酔から覚める頃に病院に戻りました。

息子は未成年ですので、病室はChild Youth Service という名称の病棟に入りました。
サレーメモリアルホスピタルには、亜子さんの赤ちゃんが生まれた時に、生徒たちを連れてお見舞いに行きましたが、病院は出産が行われる場所でもありますが、やはり病気を治す場所なのです。Child Youth Serviceには、小さな子供たちが沢山入院していました。
今日も、息子以外にも数名の手術が行われていました。
小さな子がキャスターで手術室に運ばれ、子供の家族が病室で心配そうに子供を待つ姿が視界に入ってきました。

私の息子は、ボルトを取り外すだけの手術でしたので、心配はしていませんでしたが、病室で子供を待つ保護者の姿は痛々しいものがありました。
当たり前のことですが、健康な子供を持っている。それに優る幸せなどないのでしょうね。

画像(128x95)

今日2月17日は、Maimyの18歳のお誕生日です。
Maimy元気にしていますか?
私は4月に帰国しますので、何かあればまた頼って下さい!
お誕生日おめでとう!

画像(136x132)



♪Happy Birthday:NEWS

Posted by spacecanada at 14時06分
2011年02月16日(水)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

現在、当校の学生数名がサレー日本語学校http://sites.google.com/site/surreyjls/でボランティアをさせて頂いていますが、進入生の2月生たちからも「ボランティアに参加させて欲しい!」と意欲的な声が聞かれましたので、希望者3名が見学のため、放課後に現在ボランティアをしている生徒たちの引率のもと、サレー日本語学校に見学に伺いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

希望を受け入れて頂き、来週から新入生の3名がお世話になります。
H☆iが幼稚園クラスに入り、Y☆oとK☆nが高学年クラスでお世話になります。

サレー日本語学校では年齢によってクラスが分かれており、資格を持った日本人の先生が日本語を教えておられるます。ボランティアの仕事内容は、先生の補助として、プリントを配ったり、時には生徒の答えを見てまわったり、小さな子供が学ぶクラスでは工作のお手伝いをしたりして頂きます。

海外でボランティアを体験することは、素晴らしい経験です。
本来、学校先でのボランティアの受入れは非常に難しいものです。君たちの先輩たちが数年に渡り、サレー日本語学校でボランティアをしてきた歴史から、当校からのボランティア生を信頼して受け入れて下さっています。
今学期は、当校から5名ものボランティアスタッフを採用下さったサレー日本語学校に感謝です。未来に訪れる君たちの後輩のためにも、このチャンスを繋げてあげられる様に、与えられたボランティアの責任をこなして下さいね。

画像(114x170)

♪Progress:スガシカオ

Posted by spacecanada at 15時52分

つくば開成高校の卒業生と在校生のご対面

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

つくば開成高校からバンクーバー高等学院に入学し、1年間の留学を成し遂げ昨年つくば開成高校を卒業し、同志社大学に進学し、この4月から2年生に進級するNY☆iちゃんが、春休みを利用してバンクーバーに遊びに来てくれました。
滞在先は、カナダ滞在中の1年間お世話になったホームスティ先です。そのホームスティ先と亜子さんが今月末に引越しをされる新居がとても近いので、Y☆iは1ケ月滞在するらしいので、亜子さんの引越しを手伝ってあげて下さいね。

今日、当校でつくば開成高校の在学生T☆a君と卒業生のY☆iちゃんがカナダキャンパスでの顔合わせとなりましたので、記念写真を撮りました!

Posted by spacecanada at 15時52分

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

今日、長尾谷高校3年生のIAちゃんよりメールを受け取りました。
A☆oは3年生、受験生でした。めでたく、京都外国語大学、京都産業大学、立命館の3大学に合格したそうです。本当におめでとう!!!
秋の公募で京都外国語大学に合格し、上を目指してセンター試験を受け、センター利用で京都産業大学に合格し、一般入試で立命館大学に合格したそうです。推薦でなく、一般入試で立命館合格!大したものです!

A☆oからのメールには、こんなことが書かれていました。
ちょっとびっくりしたゃろっ(^ε^)(笑)
カナダにいた時に
うちに関関同立は
無理って言うたん
覚えてるっ?(´・ω・`)
実はあれけっこう
悔しかったのだっ(笑)
でもおかげで意欲が
めっちゃ出てきたし
ようこさんにゎ
かなり感謝してますっ!!!
あの一言が火をつけたんゃで(^ε^)笑
一般試験でも
英語ゎめっちゃ
武器になりましたっ
ほんまカナダと
ようこさん達にゎ
めっちゃ感謝!!!!


ははは、私も随分とストレートなことを生徒に言っている様ですね。でも、お陰で意欲が出てくれたそうで、A☆oにとって吉となり本当に良かったと思います。
既に立命館に入学を決めたそうですので、立命館のカナダでのパートナーシップ大学は、天下のUBCです。機会があったら、UBCに1年間交換留学に来て下さい!

「日本に帰ってきたら一緒に遊ぼう」と書いてくれていたので、遊んでもらおうと思っています。A☆o、4月から宜しくね!

画像(135x180)・拡大画像(480x640)



今日、つくば開成高校のOG、NYちゃんが大学の春休みを利用して遊びに来てくれました。Y☆iは4月から同志社大学の2年生です。
バンクーバー高等学院のOB,OGは、まさに関関同立も夢ではないのです!

画像(170x169)

♪夢じゃない:スピッツ

Posted by spacecanada at 15時29分
2011年02月15日(火)

カナダのバレンタインデイ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

カナダでも、今日14日はバレンタインデイです。
カナダのバレンタインデイは、日本と大きく違うのは、男性から女性に、女性から男性に、どちらが愛の告白をしてもOKということです。どちらかと言えば、男性から女性にプレゼントを贈るイメージの方が強いでしょうか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)



生徒其々が、「なんか色々な人から沢山お菓子を貰った!」と嬉しそうに話す会話が聞こえました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

キャンパスでは、恋の告白はあったのでしょうか?
私たちスタッフの耳には入ってきませんでしたので、1年に1度の勝負の日の行方はどうなったのかは分りませんでした。

Posted by spacecanada at 13時18分

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1年に1度の大イベント、日本でのバレンタインデイを皆さんはどの様にお過ごしになられましたか?
カナダでも、今日14日はバレンタインデイです。
カナダのバレンタインデイでは、男性から女性に、女性から男性に、どちらが愛の告白をしてもOKです。どちらかと言えば、男性から女性にプレゼントを贈るイメージの方が強いでしょうか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)


スタッフからは、生徒たち全員にバレンタインのプレゼントをお渡ししました。
生徒其々が、「なんか色々な人から沢山お菓子を貰った!」と嬉しそうに話す会話が聞こえました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

そんな中、S☆i君から「これ、俺からスタッフのみんなに。」とハート形のプレゼントを受け取りました。スタッフ全員で「え〜!!」と感激しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

真紅のハート形のケースのふたを開けてみると、こんなに美味しそうなチョコレートがびっしりと入っていました。S☆i、有難う!!

キャンパスでは、恋の告白はあったのでしょうか?
私たちスタッフの耳には入ってきませんでしたので、1年に1度の勝負の日の行方はどうなったのかは分りませんでした。。。

画像(128x124)

♪バレンタイン・キッス:渡り廊下走り隊7

Posted by spacecanada at 12時47分

Cypress でスキー、スノーボード体験

画像(180x135)

週末に生徒たちと一緒にCypress Mountain に出かけました。
数名のせいとたちは、今回が始めてのスキー、スノーボード体験だった様です。初めてのスキー、スノーボード体験が、カナダでなんてカッコ良いですよね!
初心者の人は、希望に合わせてスキー教室、スノーボード教室でレッスンを受けてもらいました。経験者はスタッフと一緒に滑りました。

Cypress Mountainは、昨年実施されたバンクーバー冬季オリンピック会場の1つになったスキー場です。五輪の前で記念撮影を行いました。みんな元気一杯です!

Posted by spacecanada at 03時57分
2011年02月13日(日)

↑タイトルをクリックすると映像が流れます。

画像(160x120)

今日、生徒たちと一緒にCypress Mountain に出かけました。
初心者の3名には、希望に合わせてスキー教室、スノーボード教室でレッスンを受けてもらいました。初めてのスキー、スノーボード体験が、カナダでなんてカッコ良いですよね!
経験者たちは、スタッフの敬子さんと一緒にリフトに乗り、スキー、スノーボードを楽しみました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Cypress Mountainは、昨年実施されたバンクーバー冬季オリンピック会場の1つになったスキー場です。五輪の前で記念撮影を行いました。みんな元気一杯、笑顔が素敵です!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

集合は朝の8時。スタッフの車2台に分かれて乗車し、車内は楽しい会話で笑い声が溢れかえる中、ノースバンクーバーに向いました。
スタッフが朝6時にCypress Mountainのホームページに入り、天候を確認し決行を決断したのですが、山の天候は予報通り風が強く雪は午後から霙となりBest Weather ではなかったのですが、それでも楽しそうに過ごしている生徒たちの顔を見ていると来て良かったと実感しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

当校では、夕食の外食を認めているのは週末のみです。
平日はホームスティ先で夕食を食べる様にと指導していますので、今日は夕方にサレー市に戻り、みんなクタクタのはずなのですが、数名の学生たちはギルフォードの日本食レストランに食べに出かけた様です。さすが高校生、体力はありですね!

楽しい1日でした。スタッフに皆さんもお疲れ様でした!

Posted by spacecanada at 14時37分
2011年02月12日(土)

莉亜ちゃん☆

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

亜子さんが今日、学校に遊びに来て下さいました。
もちろん娘さんの莉亜ちゃん(5ヶ月)も一緒です☆
新入生の女の子たちが次から次へ、莉亜ちゃんを抱っこしていました。
生徒たちは、また亜子さんが莉亜ちゃんを連れて来てくれるのを、待ちきれない様です☆

Posted by spacecanada at 06時43分
2011年02月10日(木)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

帰国生から、こんなメールを受け取りました。
私は文面を読んで、人はこんなに変われるものだと知りました。
当校在学中は、決して褒めてあげられる生徒ではなかったのですが、この文章を読んでみて下さい。素晴らしく、しっかりした文面ではないですか。
素晴らしい成長振りに、なんだか泣けてきます。
本人からは、実名掲載の希望を受けましたが、実名は彼の卒業高校の相生学院のホームページにお願いすることに致します。

みなさんこんにちわ。私は相生学院を2009年に卒業しました。今は関西外国語大学の生徒です。今年の夏からアメリカのニューヨークのステイトユニバーシティアットオルバニーという大学で2年間ファイナンスを勉強して、その大学の学位と関西外大の学位を両方取得する予定です。

僕がアメリカの大学で学位取得を目指すとは、当時の先生方は全く信じることができないと思います。

僕の今までの経緯ですが、高校二年生の時に大阪国際大和田というバスケッケットボール部で副キャプテンをしていました。あまりにバスケばかりしていて、勉強をしなかったので、留年を余議なくされるまで落ちぶれました。

当時、親に「海外に行ってみたらどう?」という一言をもらいました。そこで「あ。たのしいかもしれない」という半分“逃げるような軽い”気持ちでカナダに2カ月留学を決めました。カナダにいながら通信課題を学校に送信すると、日本の学校に直接行かなくても単位が取れる“バンクーバー高等学校”と提携している“本校・相生学院”に入学を決めました。

カナダでもたくさんの出会いがありました。他府県から来ている日本人と出会ったり、外国人と会ったりしました。その中でも一番影響力があったのは、その学校で僕をサポートして下さった 容子さんに亜子さんです。色々なことをたくさんの視点から教えて下さいました。

帰国後、大阪校に通う中で土屋先生、すさみ先生にとてもお世話になりました。当初大学に進学する勇気・学力もなかったのですが、この人達に影響されて、関西外大を受験しようと思ったのは受験日2カ月前でした。こんな短い期間でも“人の影響力”ってすごいものです。大阪校に通いながら土屋先生に英語を教えてもらっていたら、合格点より1点だけ高い点数ではありますが合格しました。

合格後はだらけて何もしていなかったのですが、留学中に出会った日本人の友達が帰国子女枠で日本の有名な難関大学に合格したなどと聞いているうちに、「今度は“逃げ”ではなく“攻め”の留学しよう」と決意しました。

入学当初は380点ほどだったTOEFLのテストも、関西外大から学位留学をするプログラムの合格基準点の550点を超えて、合格しました。これから4ヵ月の期間、留学準備コースという外国人と一緒に受ける授業を外大で履修するのですが、これを乗り越えなければ、アメリカへはいけません。たくさんの人に支えてもらったことを胸に乗り越えて、また1つステップを踏み出そうと思います。

僕は今までたくさんの“出会い”からたくさんの“影響”を受けました。ぼくはこれからも多くのことに投身してたくさんのことや人に出会いたいと思います。また僕も人に良い意味で“影響”を与えることのできる存在になれるように努力したいと思います。

画像(123x128)



♪Bruce Sprinsteen Born in the U.S.A

Posted by spacecanada at 14時24分

過去の記事へ