電話番号:06-6225-2645

無料で通話ができるSkype

スカイプ(Skype)にてカナダから直接留学カウンセリング(無料)が受けられます!

現地スタッフの日記

2010年07月28日(水)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

Codyが帰国する1日前に、CodyとK☆iとT☆uと4人でお茶を飲みました。
話しが弾みモールの閉店時刻となり、結局3名の生徒たちを車で送っていくことになりました。最後に車から降ろしたのがCodyでした。
Codyは覚えていないかもしれないけれど、私はある約束をその時Codyにしました。
それは、全く私からの一方的な約束です。Codyには全く関係のないことですが、私が勝手に「君に約束するから、頑張る私を見ていてくれ。」的な約束だったと思います。

何故に私は、Codyにそんな一方的な約束をしたのでしょうか?
特に意味があった訳ではないのですが、今になって考えてみるとこんな思いがあったのかもしれません。

Codyと初めて会ったのは、彼が去年の9月に初めてカナダ留学にやってきた時です。少しオドオドした自信なさげな男子生徒でした。彼は今年の2月に長期留学生として2回目のカナダ留学にやってきました。留学というものは、人を大きく変えます。長期留学を通して、少しずつ男らしくなっていくCodyに、スタッフ全員が「Codyいい男になったね。自信が顔に出てきているよ。」なんて褒めたことを覚えています。
生き生きとしているCodyに、日本帰国後もっと弾けて欲しいと思ったから、私は彼に私も頑張るから君も頑張れと言いたかったのでしょう。

Codyへ
前田容子46歳!挑戦したいことが、まだまだ沢山あります。君は確かに、皆よりかは、ほんの少し年上ですが、私から見れば可能性が満ち溢れた若者です。
君に約束したことを果たすために、今日一歩踏み出したよ。
人が聞いたら笑うかもしれない様な、私の第二の夢を、今日日本に帰国したIちゃんのお母さんに相談してみたよ。なぜならば、Hさんはその世界のプロだから。私の夢のために全面協力を頂けそうです。
何歳になっても、年を取っても、夢を叶えるために行動を起こすことは、何って楽しいのでしょうか。

生徒諸君。私がCodyに何を約束したか知りたいところでしょうが。もう少し時間を下さい。
それまでCodyに尋ねることはNGですよ!
いつかこのブログで発表できたら嬉しいな!数年かかるかも。。。それでも実現出来るまで私は諦めないでしょう。
何故かって?だって生徒に約束したことだから。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

今日K☆iから、トモダチコレクションで出来上がった私と美香さんのキャラクター映像をメールで送ってくれました。
美香さん似てる。服のイメージまで合ってる。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

私は、こんなに線が細いのか? でも、K☆iからのメールには「どや-!!似てるやろ-!?」と書いてあったので似ているのだろう。何はともあれ、私もトモダチコレクションにデビューしました。バーチャルの世界でも、私は君たちに檄を飛ばしていて欲しいです!

画像(170x92)

♪世界の約束
涙の奥にゆらぐほほえみは
時の始めからの世界の約束
いまは一人でも二人の昨日から
今日は生まれきらめく
初めて会った日のように
思い出のうちにあなたはいない
そよかぜとなって頬に触れてくる

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 12時37分
2010年07月27日(火)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

今日から代々木高校の前期単位認定試験が始まりました。
時間割は数日前に生徒たちに配布されています。

昨日、この学生には念押しが必要だな?と思う生徒に、夕方電話を入れ「明日から単位認定試験なので教科書を忘れないように。」と念を押しました。代々木高校では、教科書を試験会場に持ち込むことが出来ます。ということは、例え勉強をしていなくても、試験問題を解く鍵を教科書から探し出すことが出来ます。言い換えれば、しっかりと勉強していれば、100点満点を確実に取ることが出来ます。

夕方に電話を入れたK君から9時半に電話があり、「俺、教科書を前のホームスティ先に置いてきたけど、どうしたら良い?」と言われました。彼のホストファミリーは夏休暇を利用して家族でキャンプに出かけておられます。その旅行期間は、K君には異なるホームスティ先を手配し入居頂いています。今週単位認定試験が行われるにも関らず、「移動したホームスティ先に教科書を持ってくるのを忘れた。」と言います。

通信制高校は、日本の文部科学省認可の正規の高等学校です。成績に伴い評点平均値が付けられます。先日、帰国した男子生徒が、「俺AO入試を希望していたけれど、本校の先生から俺の高校1年2年生時の成績が悪いので、俺が希望する大学のAO入試が受けられる評点平均値がないので、AO入試が受けられない。」と言われたそうです。彼は当校に在学期間、単位認定試験もしっかりと勉強し高得点を取りましたが、それでも過去2年間の成績が酷ければ評点平均値も希望大学を受けられる平均値には達しなかったのでしょう。彼は「今、時計を戻せるならば、高校1年生2年生に戻り単位認定試験をしっかりと勉強して受けたい。」と後悔の雄たけびを上げていました。

上記のK君は、本人のせいですから「教科書なしで試験を受けなさい。」と言おうかとも思いましたが、9時半に教科書がないことに気付き電話をかけてくる学生が勉強をしているとも思えません。教科書がなければ確実に欠点? 再試は、どれだけ良い成績を修めても30点評価になります。30点評価で、何点の評点平均値がもらえるのでしょうか? その段階で、AO入試のチャンスも無くなるのです。

高校生諸君。チャンスを得ることはそれ程に難しいものではないのですよ。
ほんの少しの努力の元で君の残した足跡は、君の輝く未来に繫がるのです。ほんの少しの努力も出来ない生徒は、自分の残した足跡に、反対に足を引っ張られるのです。

仕方なく私は車を出し、K君を連れて前のホームスティに教科書を取りに行きましたので、今日無事に教科書持参でテストを受けることが出来ました。
K君、この借りは本当に大きいぞ!

生徒諸君、自分の残す足跡が、君の未来を築くことを忘れないで下さい。

画像(170x121)

♪未来は僕等の手の中:THE BLUE HEARTS
月が空に張り付いてら 銀紙の星がゆれてら
誰もがポケットの中に 孤独を隠し持っている
あまりにも突然に 昨日は砕けていく
それならば今ここで 僕が何かを始めよう
僕が何かを始めよう

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 13時59分
2010年07月26日(月)

↑タイトルをクリックすると映像が流れます。

今日K☆iからメールを貰いました。
帰国後も、マイミーとカレンと仲良くしている様です。
仲が良いことは嬉しいですが、K☆iの家にマイミーとカレンが3連泊しているそうです。君たちね〜。受験生だよね〜。しっかりしなさい!

画像(180x163)・拡大画像(400x363)

今日K☆iから、私の生年月日と血液型を尋ねられました。
何やらトモダチコレクションに登録したいそうです。
トモダチコレクション、生徒たちから聞いたことがあります。個人情報を打ち込めばゲーム上にその人のキャラクターが作れ、バーチャルの世界で遊べるらしい。
たかがゲームなのに、性格も実物の人間に結構似てきたりするそうです。

つい先ほど、生年月日と血液型をメールで教えたら、もう返事がありました。
「容子さんと美香さんそっくりで爆笑ですよwww」
どうやら、私だけではなく美香さんの個人情報もゲットしたらしい。
笑えます。。。
さて、私はどんなキャラクターになったのでしょうか。。。是非見たいので映像で送って欲しいぞ!

画像(140x140)

今夜、H☆eちゃんのホストファミリーがナイトマーケットに連れて行って下さるそうで、息子も誘って頂いたので、息子もH☆eちゃんに付いて出かけました。
リッチモンドナイトマーケットは、2000年から始まり今年で10年目だそうです。
リッチモンドはバンクーバー第二のチャイナタウンと呼ばれ、中国系カナダ人が多く住む地域です。アジア系移民者が中心となり、たこやき、いか焼き、焼きそば、などが売られる出店がずらりと並び、日本の夏祭りを思い出させてくれる夏季限定のお祭りです。
8月の特別活動として行く予定をしていますので、在校生諸君も来月に連れて行くので楽しみにしていて下さい。

画像(180x106)・拡大画像(630x374)

一足早く、どんなお祭りか見せちゃいましょう。
♪Richmond Night Market

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 11時47分
2010年07月25日(日)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

HFとの写真

以前に、当校に在学していた生徒の妹さん(JIちゃん)が、姉に負けずと英語学習のために今日来加しました。Iちゃんは、今回が初めての海外旅行ということもあり、お母様(Hさん)も一緒に来加されました。

Iちゃんのお姉さんが来加された時も、留学地の見学にお母様は来加されました。私はHさんに日本でもお会いしていますので、今回で4回目?5回目?の面識です。数回しかお会いしたことはないのですが、なぜか気が合うのです。
Hさんは、コンピューターを学ぶ有名な専門学校で講師をされています。Hさんの多忙振りは、娘さんたちの話しではかなり凄そうです。多忙極める母親というところが私の状況と同じだから気が合うのでしょうか。。。しかし、私は機械音痴なので、そこはかなり異なりますが。。。。

妹さんのIちゃんとは、今回で3回目の対面です。対面したと言っても、カナダ留学に向うお姉さんを空港にお見送りに来た時にご挨拶をした程度ですが。
Iちゃんは高校の休みを利用して、2週間ほど短期留学に来られました。お母様は仕事があるので、火曜日には帰国されます。
Iちゃんは、将来看護士になりたいそうです。全日制の高校の看護士コースに入学されたそうで、高校を卒業する時には看護士の資格も取れるそうです。なんて素晴らしい制度なのでしょうか。

以前私がお預かりした女子高校生が、「高校を卒業したら看護学校に進学したい。」と言いました。私は「看護学校に進学するのに、なぜに留学に来たの?」と尋ねると、彼女は「看護士だけならば日本中に沢山います。私は英語が喋れる看護士になりたいのです。日本に住む外国の方が、病院に訪れた時に、少しでも安心して医療が受かられる様に英語力を身につけたくて留学しました。」と話してくれました。
その時、松林先生が仰っていた言葉を思い出しました。「今の時代、英語が出来るだけではだめなのです。何かの資格を取り、その上で英語の力を持っていれば、職場で欠かせない人材になれるでしょう。」と教えて下さいました。

Iちゃんの様に、姉や兄が留学した姿を見て、後に続く若者もいるかもしれません。Iちゃん、英語学習の入り口に立ったところですね。その扉を開いてみて下さい。昨日までの景色と何か違っているかもしれません。頑張って下さいね。

画像(135x135)

♪扉:GReeeeN
ほら、顔あげ少し笑って
そりゃ色々あるよ解るって
想い通りのstoryとは行かないけれど
誰しも明日は来るって!
待ってくれない 時は過ぎ去って
あなたに 今見える未来から 目そらさずに
意味のない事は 何一つ無いって気がすんだ
思い切りやり抜いたら 気持ちハレバレ
振り返れば ほら見えるだろう?歩んだ道のり
恐れずに次の一歩 ほら 踏み出せ!!!
君が開く その目の前に 明日の自分は見えていますか??
新しい扉のその先に きっと出逢える
次の自分に

画像(135x118)

7月23日は、息子Jyoの16歳の誕生日、そしてTCちゃんの17歳のお誕生日です。
Cちゃん、その後日本で元気に頑張っていますか? 息子の誕生日が来ると、Cちゃんも誕生日だなって思っています。

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 13時46分
2010年07月24日(土)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

先日、アボッツホード市に住むというOさんからお電話を頂きました。お知り合いの息子さんのカナダ留学にあたり後見人になっておられるそうです。その息子さんはカナダの高校に2年間通われたそうですが辞めてしまわれたと伺いました。Oさんは「精神的に決して強い子ではないので、現地高校は厳しかったのでしょう。」と仰っていました。
彼がもしも私のブログを読んでくれていたら、一度サレー市まで私に会いに来て欲しいと思います。

当校には、今までも同じ様なケースの高校生たちが数名入校してきました。当校が提携する日本の通信制高校は、カナダの高校の在学期間を1年間に限り過去認定して下さいます。つまり残り2年間の在学期間で定められた条件を満たせば、日本の高等学校卒業資格が取得出来ます。

過去には、この様な女生徒がいました。
日本で中学を卒業後カナダの高校に入学し卒業を目指しましたが、2年生になった時に自分は絶対に卒業できないと悟ったそうです。彼女はインターネットで当校を見つけて連絡をしてきました。彼女の場合、現地高校に友達もいるので辞めたくはないけれど卒業資格は取りたいという生徒でした。私は直ちに、日本の提携高校に入学をさせ、聴講生として彼女が在学するカナダの高校に通わせながら、定期的に当校に来校させ、通信過程の授業も受けてもらいました。彼女は、カナダの高校に3年間通いながら日本の卒業資格を取得しました。

私は過去にバンクーバーにある留学情報センターで働いていた頃、高校卒業留学を担当してきました。何十人の生徒を担当しましたが、50%の高校生が現地高校の卒業を諦めて日本に帰国して行きました。つまり彼らは留学浪人となってしまったのです。

今、海外の高校を卒業たいと思っている君。今、日本で全日制の学校に通えていますか?何かの理由で辞めたり、通っていないのであれば、恐らく君は海外の高校を卒業するのは難しいでしょう。厳しい助言ですが、止めた方が君のためです。
誤解のない様に。全日制の学校に通えていて、高校留学が自身の強い意志のもとでの決断ならば、高い確率で卒業できます。

私はこれ以上、留学浪人を生みたくないのです。
そんな生徒たちを受け入れるためのバンクーバー高等学院です。
今、海外の高校に留学をしていて卒業が難しいと悩んでいる君、まずは当校のHP http://tsushinschool.ca/を閲覧して下さい。

画像(180x119)・拡大画像(300x199)

当校の学生たちの多くが、公立の高校に進学します。現地高校での就学期間中も、日本の高校の単位として認定されます。
♪カナダ高校留学

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時23分
2010年07月23日(金)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

今日、Tちゃんのホストマザーという方からお電話を頂きました。
Tちゃんがカナダ留学をされていた時に、携帯電話を3年契約で購入され、未成年者のTちゃんは、大人の保証人なしでは長期間の契約購入が出来ませんので、ホストマザーが契約書の保証人欄に署名をされたそうです。
「Tちゃんはその契約期間を完了する前に日本に帰国したので、携帯電話の残りの契約期間を当校のK君が引き継いでくれるとTちゃんから聞いたので、私が携帯電話の販売店に行って契約書に署名して契約人の変更手続きをして下さい。」と言われました。
私は、そのホストマザーに否がないとは重々理解出来ましたが、「当校のK君は未成年者です。私の許可なしに友人と口約束で残りの契約期間を引継ぐと言ったかもしれませんが、私がその契約書にサインすることはありません。」と言いきりました。
ホストマザーは「え〜なぜに?」と少々動揺されている様にも感じられ、お気の毒とも思いましたが、私は自分の生徒を守るべき側の人間です。
次に「ではK君のホストファミリーに署名をお願いして欲しい。」と頼まれました。
私は「その様なお願いが出来るわけがありません。」と言い、「3年間の契約をされ、3年間の契約完了前にご帰国をされたTちゃんの責任ですので、Tちゃんの保護者に電話会社にペナルティを支払って頂くしかないですね。」と申し上げました。

カナダでは、どの携帯電話も、例えば2年契約、3年契約を結べば携帯電話が無料になります。しかし、契約期間内に契約をキャンセルする場合は無料だったはずの携帯電話料金を支払う必要があります。

何故に他人が契約した電話を無料だからと受け取りたいのですか?
友達が例えばC$200する携帯電話を3年契約で購入し、友達はC$200が無料になり新品の電話が手に入るのですから特です。君が電話を無料だからと言って契約を引き継いだとしましょう。しかし、電話は2年も使用した中古品ですよ。来月故障したら、君がその人が2年間無料で使用した中古の電話の購入費C$200を支払うはめになるのですよ。そんな馬鹿な話がありますか。。。

私は今、生徒たちにプリペード携帯を強く勧めています。その最大の理由は、携帯電話を失くす生徒があまりにも多いからです。プリペード携帯ならば、紛失しても損害額が小額ですみます。毎月プリペードを購入するのは面倒かもしれませんが、未成年なのですから仕方がありません。成人したら、自身の責任で好きなだけ長期契約をして下さい。

画像(129x97)

♪携帯電話:RADWIMPS
携帯電話
今日も携帯電話を
ポッケに入れて歩くけど
待てど暮らせど
あの人からの連絡はなくて
まるで寂しさをポッケに入れて歩いているような
そんな こんな僕です

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 12時22分
2010年07月22日(木)

↑タイトルをクリックすると映像が流れます。

今日、帰宅したらHちゃんが家にいたので驚きました。
Hちゃんはホームスティ先に戻り、私の家に遊びにきた様です。息子は、Hちゃんのことを幼稚園の頃から良く知っているので、私が家にいないにも関らず、Hちゃんを家にあげた様です。私は、Hちゃんに「まず、夕食をホームスティ先で食べてから来なさい。」と言い、夕食後にまたHちゃんが我が家に顔を出しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Hちゃんは我が家で、ずっと「懐かしい〜」と連呼し、昔の様に息子と口喧嘩をしながら一緒にチェスをしながら遊んでいました。
私は隣りの部屋でこのブログを書いていますが、2人仲良く遊んでいる声を聞いて、私こそ「懐かしい〜」と叫びそうです。

二人が一緒に遊んでいた頃は、息子もHちゃんも小学4年生でしたが、今では二人とも高校生です。聞こえてくる会話は日本語ですが、Hちゃんは9月からニューヨークの高校に進学するので、高校卒業後に再会する時は、英語での会話になっているかもしれませんね。
Hちゃんには、月曜日に英語力試験を受けて頂きましたが、ジュニアESLの最高レベル5に入れる成績結果でした。だてに幼稚園からカナダに留学に来ていたわけではないですね。試験結果に、私も大満足です。

来週の月曜日から水曜日まで代々木高校の前期単位認定試験が行われますので、水曜日の放課後に試験のお疲れ会を兼ねて、我が家でお食事会を実施しようかと考えています。
今日、男子生徒から「から揚げとギョーザが食べたい。」との声が聞かれましたので、そのメニュー採用したいと思います。

画像(180x180)・拡大画像(560x560)

今日、ジュニアクラスの生徒たちは、スプラッシュダウン(プール)http://www.splashdownpark.ca/ に行きました。
学校に戻ってきた生徒たちは「面白かった!」と上機嫌でした。世間は夏休みですので、学校も頻繁にスクールトルップを準備しています!


今日、生徒たちが行った屋外プールです。
♪Splash Down

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 13時48分
2010年07月21日(水)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

日本の学校も夏休みに入った様に、カナダの現地校も夏休みに入っています。
お子様を持つホストファミリーが多いので、ホストファミリーの多くが夏季期間に家族旅行に出かけられます。
「家族旅行に一緒に行こう」と学生に声をかけて下さるホストファミリーもいますし、学校を休ませるのは可愛そうとお考え下さるホストファミリーもいます。「家族旅行に一緒に行こう」と声をかけて頂いた時は、基本的には学生には行く様に薦めています。
今日からKR君は、ホストファミリーと一緒にアメリカに4日間のキャンプに出かけました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

アメリカとカナダは隣接していますが、アメリカは他国です。当校が位置するサレー市はアメリカの国境沿いの街ですので、多くの住民が週末にアメリカに買い物に出かけます。
ホストファミリーもキャンプ地はカナダに留まらず、アメリカまで行かれる方も多いでしょう。

画像(170x122)

生徒諸君、君たちは未成年者ですので、アメリカに行くことを安易に考えてはいけません。ビザを取らずにアメリカへ行く人は、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」への申請が必要です。また未成年者の出国、カナダ入国は保護者もしくは後見人の承諾書が必要です。君たちは何もしなくて結構です。必要書類は私たちスタッフ準備しますので、アメリカに行く予定があることだけは知らせて下さい。

アメリカでホストファミリーと過ごす4日間のキャンプ。日本語を聞くことは一切ないでしょう。インターネットでドラマを観ることも友達に電話も出来ない環境です。これぞ、The留学です。Rちゃん、週明けに学校で沢山の土産話しを聞かせて下さいね。

画像(170x122)

♪夏空 - Galileo Galilei
僕らがひとつひとつの
夢を守りぬけるなら
夏空にした約束は
百年後でも破れないからさ
あの日夏の青い空
首筋の汗と
はき捨てた不満や不安と
そして希望の数々
進んでいく君の姿を見失わない様に
何度でもそらを仰いで確かめたってかまわない
僕らは不安の中で道を選びぬけるなら
横道の途中で顔を出して
何度でも君に会えるよ
グッドラック 手書きの地図が
にじんで読めなくなっても
迷いのないこの気持ちを
雲ひとつない空に放とう

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 12時19分
2010年07月20日(火)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

私は、時々帰国生からメール連絡を頂きます。
昨日、とても懐かしい学生(KNちゃん)からメールを頂きました。
彼女は、バンクーバー高等学院の1期生です。
Nちゃんは1期生の中でも、最初に入国した生徒でしたので、私にとっては記念すべき学生第一号でした。

画像(97x130)

神戸女学院大学

Nちゃんは1年間留学し、帰国後に神戸女学院大学・文学部英米学科を受験し見事に合格されました。私の記憶に残るNちゃんは高校生のままなのですが、そんなNちゃんも神戸女学院の4年生となり、現在就職活動の真っ只中だそうです。
Nちゃんは高校時代、「あんな〜、うちな〜」とギャル語を使っていたのに、昨日頂いたメールにはしっかりとした敬語が使われていたので、感動しました。
海外でバリバリ働いてみたいと書いてありましたが、やってみたいことは積極的に挑戦して欲しいと思います。みんな確実に大人へと成長しているのですね。嬉しい限りです。
Nちゃんなら、立派な社会人になれます。
自信を持って企業の面接に挑んで下さい。

画像(127x180)・拡大画像(240x340)

可愛いぞ!

高校生を謳歌しているIAちゃんからもメールを頂きました。
マイミーとK☆iと3名で祇園祭に行ってきたそうです。
夏と言えば祭りですよね。祇園祭と聞いたら「行くよね〜」と言ってしまいますが、君たち受験生だよね〜!!

今日は、M☆iさんという方から私のアメーバーブログにメッセージを頂きました。許可なく、メッセージの一部紹介させて頂きたいと思います。お許し下さい。
「Yokoさんのブログにはいつも大笑いしたり読みながら「へぇ〜」とか一人で言ったりしている私ですがK☆i君の場面では号泣しました…」
と書いて下さっていました。有難うございます。
私は娘を持っていませんが、娘がいれば一緒にアクセサリーを共有したり、好きなタレントの話で一緒に盛り上がったり出来るのでしょうが、K☆iを見ていたら息子も良いものだなと思いました。私の息子は決して私にあんな優しい言葉をかけてはくれませんが。
しかし、息子も私のいないところで、K☆iの様に「My mother is the number one in the world.」なんて言ってくれているのかもと、1人で勝手に想像したりしています。
そんな私は、きっと幸せ者なのでしょう。

皆さん、これからも応援宜しくお願いします!

画像(91x130)

♪世界中の誰よりきっと:中山美穂&WANDS
まぶしい季節が 黄金色に街を染めて
君の横顔 そっと包んでた
まためぐり逢えたのも きっと偶然じゃないよ
心のどこかで 待ってた
世界中の誰よりきっと 熱い夢見てたから
目覚めてはじめて気づく つのる想いに Oh-
世界中の誰よりきっと 果てしないその笑顔
ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時50分
2010年07月19日(月)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

昨日1年間の留学を完了し、NK☆i君が帰国しました。
お別れの場で、私は先日ブログにも書かせて頂きましたが「K☆i、私が君の留学生活に点数を付けるとしたら、迷わず100点満点です!」と伝えると、K☆iから「先生お願いがあるねん。先生のブログで、俺のおかんを褒めてやってくれへんか。」と言われました。
私は一瞬「え?何が言いたいの?」と思いましたが、瞬時に「分かった。」と応えました。
K☆iはそれ以上、私に何も付け加えませんでしたので、ここからは私の想像で、彼のお願いを適えてあげたいと思います。

画像(180x135)・拡大画像(220x165)

K☆iは、2009年9月に来加しました。私が空港で初めて彼を見た時の印象は長髪の茶髪から「チャラそうな男」でした。入校日に英語力試験を受けて頂きましたが、英語力はゼロに等しい状況でした。
しかし、いつも笑顔で接してくるので、学校の教師陣はK☆iを可愛がり、どうにかして彼の英語力を伸ばしてやれるかを考え始めました。日本人スタッフの亜子さんも同じです。K☆iから「先生、俺全く英語わからんから、放課後にマンツーマンで教えて欲しい。」と亜子さんに頼んできました。亜子さんは最初「どうせ続かないだろう。」という気持ちは拭えなかったそうです。しかしK☆iは、毎日亜子さんに食いつく様にして、貪欲に英語学習に励みました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

K☆iは、日本では相当ヤンチャな暮らしをしてきたそうです。
そんな彼が、最後に私に言ってくれたことが幾つかあります。
1.カナダ留学に行かせてくれた両親に感謝してる。
2.カナダに行く機会をくれた友人のG☆iにも感謝してる。
3.絶対に大学に行く。
4.二度と、おかんを泣かせへん。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

おそらくK☆i君が私にお願いしたかったことは、K☆iの口調を借りるならばこんな感じでしょうか。
「日本での俺は、おかんに迷惑ばかりかけてきた。きっと一杯おかんを泣かせてきた。でも俺、カナダでは目一杯に頑張ったで。先生がいつも俺にも一杯良いところがあるって褒めてくれた。その度に、おかんが愛情一杯注いで育てられたことが俺を見ていたら分かるって言ってくれた。俺のおかんは世界一やと思ってる。おかん有難う。」と素直にお母様に伝えられないので、私からこのブログで伝えて欲しかったのでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お母様、K☆i君を見ていると、お母様の愛情に満たされて育てられたことが分かります。
K☆i君の財産は、彼の持つ明るい性格です。一緒に接していると、思わず助けてあげたくなります。これからも、周りの人がきっと助けになってくれることでしょう。これからも彼の笑顔が耐えることのない未来が築かれることを、遠くから応援しております。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

心配するところは、落ち着いて考えないで、軽々しく行動することです。
K☆i君自身には再三注意しましたが、大学の受験日当日に願書がないとか言い出しそうです。受験会場に向う最中にお腹が痛くなりトイレに行き、試験に遅刻しそうです。
その程度の心配は、これからもお母様にかけていかれるでしょう。
でも、K☆i君は大きく人の道を外れた生き方はしないでしょう。それは、「お母様に二度と迷惑をかけたくない。」と強く思っているからです。
今まで心配ばかりかけてきたことを許してあげて下さい。
今日を持って、K☆i君をお母様にお返し申し上げます。
そして、K☆i君との楽しい1年間を有難うございました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

K☆i君からお母様への手紙と思い聞いて下さい。
♪おかんに贈る音の手紙:G2
やっぱ腹を痛めて俺を生んでくれた たった一人の女だから
拝啓。元気してますか?MOTHER 俺は相も変わらず元気です。
体調管理は気をつけて、そう若くもない歳なんだから。
昔から人一倍明るく気の利く性格だったオカン、
近所でも人気者のオカン。俺の自慢の母親なんだ。
張り切り過ぎるのもいいけど無理するのだけはやめてよ。
俺の心配はいいから。今から俺の番だから。今度二人で飲みに行こうよ。
任せな、俺が奢るから。今からでも間に合うかな?
返しきれない愛を返す時間。
俺からオカンに贈るレター
ホントたくさん愛をくれた腹を痛めて生んでくれたたった一人の女だから。
俺からオカンに贈るレター。でも書いてるときちょっと照れた。
伝えたい感謝の気持ちをつづったから読んでよ。

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

画像(150x150)

今日、7月18日はOAちゃんの21歳のお誕生日です。
A☆aお元気ですか?
宝塚に帰ると、偶然にA☆aと会えたりしないかな?と考えます。
A☆a、お誕生日おめでとう!

Posted by spacecanada at 12時43分

過去の記事へ