電話番号:06-6225-2645

無料で通話ができるSkype

スカイプ(Skype)にてカナダから直接留学カウンセリング(無料)が受けられます!

現地スタッフの日記

2010年07月14日(水)

↑タイトルをクリックすると映像が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日は、7月の特別活動の一環として、Kraus Berry Farm http://krauseberryfarms.com/ に出かけました。晴天に恵まれ、そよ風が吹く気持ちの良い気候の中、ラングレー市にある農場にフルーツピッキングに出かけました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まず初めに、私たちはトラクターが引っ張るワゴンに乗り込み、農場見学をさせて頂きました。広い敷地内には、ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーの苗が植えられており、これから実をつける若い苗もあれば、収穫間近の物もありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私たちは、ラズベリーの収穫が出来るエリアでワゴンを下車し、支給された容器一杯に、ラズベリーのピッキングを楽しみました。収穫したラズベリーはお持ち帰りが出来ます。
日本で言う、詰め放題です。容器に目一杯入る様に、工夫しながら詰めました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

生徒たちは、ビニールハウス栽培でないことに驚いていましたが、お日様を一杯浴びて育ったラズベリーを楽しみながら摘んでいました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

フルーツピッキングを楽しんだ私たちは、ショップを除くと、摘みたてフルーツで作られたホームメイドケーキやパイの販売がされていました。
小さなカフェでは、ホームメイドアイスクリームやジュースが販売されており、私たちもそこで一休みしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生たちは、カナダに来るまでは「カナダはこんなところだろうな」とイメージしていたそうです。確かに、私もカナダに留学する前までは、カナダは農場や森林が一杯ある田舎町を想像していました。
生徒諸君どうだ! サレーは郊外だけど都会だと感じられる1日になったことでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日、私たちが出かけたKrause Berry Farmsを見学してみましょう。
カナダの苺はビニールハウス栽培ではありません。
♪U-Pick Strawberries

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 15時42分
2010年07月13日(火)

↑タイトルをクリックすると映像が流れます。

美香さんは、一見厳しいスタッフです。私にとっては嬉しいことですが、生徒たちには厳しく接してくれます。そのせいか、生徒たちからは一目置かれています。

K☆i君は、とても可愛い性格の生徒ですが、いつもチョロチョロして、どうでもいいことばかりする生徒でしたので、頻繁に美香さんに叱られていました。
美香さんに頻繁に叱られている生徒に言っておきましょう。美香さんは、大好きな生徒にしか真剣に怒りません。

もしかすると、K☆iは「なんで美香さんは、俺ばっかりに厳しいやろ?!」なんて思っていたかもしれませんね。私が答えを教えてあげよう。。。「それはね、美香さんは君のことが可愛いからです。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

美香さんのご主人と

そのK☆i君が、長かった1年間の留学を完了し、今週末に帰国します。
それで、美香さんから「良く頑張ったご褒美として、家に泊まりに来て良いよ。」と誘われ、週末に美香さんの家の泊まりに行きました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

美香さんのお宅は、何回かご紹介してきましたが、ハリソン湖のウォターフロント近くにあります。その為、ボートをお持ちで水上スキーやチューブなどが体験出来ます。
K☆i君も週末の土日に挑戦させて頂いたそうです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日、登校してきたK☆i君に「楽しかった?」と聞くと、満面の笑顔で「めっちゃ楽しかったで。」と言っていました。美香さんの愛情が一杯感じられた週末だったのでしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

K☆i君のお母様、息子さんのご帰国までもう少しです。
♪K☆i君、のウォタースポーツ体験

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

画像(128x95)

7月11日は、HRちゃんの20歳のお誕生日で、7月12日はNFちゃんの18歳のお誕生です。Fちゃんは1年近く留学していたのに、ばっちりと誕生日が外れていましたね。。。
Rちゃん、Fちゃん、お誕生日おめでとう。

Posted by spacecanada at 11時57分
2010年07月12日(月)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Satake Clinic

以前、ブログでも説明しましたが、カナダではホームドクター制度が徹底されています。当校の学生たちのホームドクターにはサレー市にクリニックを持つ佐竹ケン先生になって頂いています。ホームドクター制度というのは、ホームドクターが主治医となり、まずは主治医の診断を受け、主治医から専門医にまわる医療制度です。日本なら、患者が耳鼻咽喉科に行こうか小児科に行こうかと決めますが、カナダでは患者は主治医に診察を受け、主治医が専門医に行く必要があるか否かを判断します。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Walk-in Clinic

カナダには、ホームドクターが開業するクリニック以外に、ホスピタルとウォークインクリニックでも診察を受けることが出来ます。ホスピタルは24時間、緊急患者を受け付けてくれます。ウォークインクリニックとは、予約なしに飛び込みで行けるクリニックのことで、日本ではウォークインクリニックが一般的でしょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

昨日、K君から電話があり「微熱があり蕁麻疹が出ている。」と聞きました。
今日は日曜日ですので、佐竹クリニックが開いていませんので、ホームスティ先近くのウォークインクリニックに連れて行きました。診察代金は、K君はカナダの国民健康保険に加入していないので、C$65かかりました。K君はAIUの保険に加入して来加していますので、AIUに医療費請求をしてC$65を支払って頂くことになります。
「K君はウイルスに感染して蕁麻疹が出ていると診断され、抗生物質の薬が出ましたので、2〜3日で湿疹も治まり熱も下がる」と言われました。
K君は明日から2〜3日は欠席してもらいますので、暇だと嫌がらずホームスティ先で休んで下さい。

では、復習です。
学生をウォークインクリニックに連れて行き欠席した翌日に登校した時、キャンパスではこんな会話が聞かれます。
先生:Why were you absent yesterday? 昨日はなぜ学校を休んだの?
学生:I went to the hospital. 病院に行ったのです。
先生:What happened??? Are you ok??? 何があったの? 大丈夫なの?
と心配されます。
英語で病院に行くと説明すると、手術が伴う様な重病と勘違いされます。
病院に行くと説明したい場合は、下記の様に言いましょう。
I need to go to a clinic. クリニックに行く必要がある。
I went to my home doctor. 主治医に行ってきました。

画像(87x130)


先日、帰国生からメールで「バンクーバーで聞いた冬季オリンピックのテーマソングのタイトルを教えて下さい。」と質問が届きましたので、今日はその質問に応えたいと思います。
これを聞くと、冬季バンクーバーオリンピックを思い出すな。
♪I Believe:Nikki Yanofsky
There comes a moment when my heart must stand alone
On this lonely path I've chosen
Like a house thats not a home
Sometimes when I feel I've had enough
And I feel like giving up
You willed me to be all I can be
Now nothing can stop me
I believe in the power that comes
From a world brought together as one
I believe together we'll fly
I believe in the power of you and I

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 12時09分
2010年07月11日(日)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

私が、昨日ダウンタウンの美容室に出かけたことは昨日のブログで書きましたが、実は美容室にいる時に、私の携帯電話に警察から電話がかかってきました。
私は、頭を美容師さんに触られながら、「なぜに警察から電話?」と驚き事情を尋ねると、「Jyoさん(息子)から警察に電話がありました。本人(Jyo)は間違って掛けてしまったと仰っていましたが、何か事件に巻き込まれていないかの確認のお電話です。」と言われました。
私は「息子と一緒に居ないので、息子の携帯に電話を入れて確認してみます。」と言い、電話を切りました。私は息子の携帯電話にかけ続けましたが、なぜか繫がらず不安がつのり、美容室を出たら一目散に帰宅しようかと思っていたら、やっと息子から電話が掛かってきました。「警察から電話があったけれど何事なのか。」と尋ねると、「階段で躓きポケットから携帯電話が落ち、アクシデントで911(警察の番号)にかかってしまった。」と言います。何の事件にも巻き込まれていないと確認が出来、私は安心して学生たちと一緒にラーメンを食べに行きました。私が帰宅すると、既に映画館に友人と出かけていた息子も帰宅していました。

画像(150x101)

既にカナダの高校は夏休みに入っています。一日が経ち、今日息子はお昼ご飯を食べてから、友達の家に遊びに出かけました。私は土曜日ですので自宅に居たのですが、午後の3時頃にピンポンが鳴り、ドアを開けると警察官が立っていました。昨日に引き続き何事?と思うと、「息子さんの無事を確認に来ました。」と言うではないですか。最初に私のIDの証明を求められ、私が息子の無事を説明すると、警察官は帰られました。

1本の間違い電話で、その相手が未成年の場合、カナダの警察はここまでしてくれるのだと知り大変驚きました。そして、カナダの警察は凄いと思い、安全な国に住んでいるのだと安堵しました。

画像(129x97)

今日はOK君からのリクエスト曲です。
♪365日:Mr.Children
聞こえてくる 流れてくる
君を巡る押さえようのない思いがここにあんだ
耳をふさいでも鳴り響いてる
君が好き 分かってる 馬鹿げている
でもどうしようもない 目覚めた瞬間から
また夢の中 もうずっと君を夢見てんだ
同じ気持ちでいてくれたらいいな
針の穴に通すような 願いを繋いで
365日の言葉を持たぬラブレター
とりとめなくただ君を書き連ねる
明かりをともし続けよう 心の中のキャンドルに
ふっと風が吹いても消えたりしないよ

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時05分
2010年07月10日(土)

今日、放課後に亜子さんと一緒に髪の毛を切りに出かけました。
私は、いつもはバーナビー市にある美容室Misakoに行きますが、学生たちから「最近ダウンタウンのArkに行ったらとても良かった。」と聞きましたので、私と亜子さんは今日、Arkを初体験してきました。

Ark http://www.arkhairstudio.com/のロケーションは、バンクーバー図書館の近くで便利良し、駐車場もありましたので車でしか出かけない私には好印象でした。
私は、縮毛矯正とヘアカットをしてもらいました。日本の美容室ですので、パーマ液は日本から取り寄せているので、カナダの美容室と比較すると高額です。縮毛矯正とヘアカットでC$300。高いな〜と思いました。カナダはその上にチップの支払いが必要です。私はクレジットカードで支払いましたが、支払い機に「Tip 15% Yes No」が表示され、何も考えずYesと押して、ふと考えると300ドルの15%って45ドルです。「誰が美容室で45ドルもチップを支払うバカがいるの!」と思い、恥ずかしながら「このYesどうやってキャンセルできますか?」と店員に聞いてしまいました。チップの常識は10〜15%です。しかし、私はホテルならともかく、日本人経営の美容室のチップは10%(30ドル)でも高いと思い、15ドルのチップを支払いました。日本人経営の美容室は値段が高額なので、そこに充分な利益も含まれていると私は勝手に想像しています。当校の生徒たちは高校生です。君たちは高校生なので、日本人経営の美容室ではチップの支払いはしなくても良いのではないでしょうか(君たちはどう思う)?しかし、レストランでは少なくとも10%のチップは支払いましょう。
生徒から、今日「チップってサービスに対する評価だから、俺が決めていいんでしょう?」と尋ねられました。その通りですが、ファーストフード店やフードコートでチップを支払い必要はありませんが、レストランに入ると、水を運びオーダーを取る、これに対するサービス代金としてチップを10%は支払いましょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私たちはその後、学生たちと山頭火で待ち合わせをし、ラーメンを食べました。
男子生徒たちでしたので、みんな「ラーメン大盛り。チャーシュン丼もつけて。」と大食い振りを発揮していましたが、1名の学生が今月はまだ9日だというのに残高が10ドルしか残っていないのでラーメンだけを注文していました。
彼は充分なお小遣いを親から貰って来加しましたが、来加後3週間で800ドルを使ってしまい、既に金欠状態です。他の生徒たちは食べたい物を好きなだけ注文している中、可愛そうにも感じられましたが、計画性のなさは自身の責任です。どの生徒にも言えることですが、お小遣いは計画的に使う様にしましょう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ラーメン店の後、女子学生たちから良く聞いていた、超美味しいチーズケーキが食べられるお店Cheesecake etc. www.cheesecakeetc.com に行きました。噂のチーズケーキを食してビックリ!何この濃厚な美味しさは。
K君は大人食いで2皿も食べていました。R君は金欠で何も注文しませんでしたが、R君来月からしっかりとやりくりしましょうね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

R君が金欠ということは知っていましたので、「今日はやめておきなさい。」とも言いましたが、やっぱりみんなが行くと知ると行きたくなるものです。お母様、いざという時は助けてあげて下さい。

画像(130x128)

今日は、D☆i君からのリクエスト曲です。
♪voyage:浜崎あゆみ
僕達は幸せになるため
この旅路を行くんだ
ほら笑顔がとても似合う
色褪せる事なく蘇る
儚く美しき日々よ
眩しい海焦がれた季節も
雪の舞い降りた季節も
いつだって振り向けば
あなたがいた
僕達は幸せになるため
この旅路を行く
誰も皆癒えぬ傷を連れた
旅人なんだろう
ほら笑顔がとても似合う

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 16時22分
2010年07月09日(金)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(135x180)・拡大画像(360x480)


以前、当校で働いて頂いていた敬子さんが、バンクーバーに戻ってきました。
敬子さんが以前に当校で働いている間はワーキングホリデイビザ所持者でしたが、その後もカナダに残られ、ついにカナダの移住ビザを取得されました。イエ〜イ敬子さんも移住者です!

敬子さんは、現在カムループスに在住しているので、明日にはカムループスに戻り、サレー市への引越しの準備をされ、8月末にはサレー市近郊に住居を構えられます。
敬子さんには、亜子さんの産休の間、勤務を頂きます。

今日、学生たちに敬子さんを紹介しました。敬子さんは、大学時代柔道部の主将を務めていました。今でも、カムループスでカナダ人たちに柔道を教えておられます。
生徒諸君。君たちが立ち向かって敵う相手ではないので、素直に従いましょうね(笑)。

長尾谷高校の1年生として当校に入学したIH君も、長尾谷高校卒業後カナダの大学に進学し、この9月で大学の3年生になります。カナダでの生活も、既に5年目に入っています。今、H君は大学に通いながら、労働ビザも取得してバーナービーのタイレストランで働いています。
H君もカナダへの移住希望者です。一歩一歩、移住への道を歩んでいるH君。初めて出会った時は、モジモジした高校1年生だったのに、今では見違える程に立派な青年です。
長い間 日本に帰国していないH君ですが、保護者の方々は寂しく感じておられるでしょうが、どうぞ見守って差し上げて下さい。

画像(135x118)

7月7日は、MKちゃんの18歳のお誕生日です。
Kちゃんは、中学時代に当校に在学していましたが、高校年齢になりスイス公文高校に進学しました。そろそろ夏休みで日本に帰国している頃かも分かりませんが、卒業を目指して頑張るんだぞ!Kちゃん、お誕生日おめでとう。

画像(86x135)

♪ミラクル・ガール:永井真理子

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時48分
2010年07月08日(木)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

昨日、当校でボランティアをしたいと希望してくれる日本人女性が当校を訪問してくれました。彼女はワーキングホリデイビザ所持者で、カナダに来て半年ほど経つそうですが、「生徒たちの助けになりたい」と意欲的な女性でしたので、機会があればお願いしたいと思います。

画像(180x120)・拡大画像(300x200)

University of Alberta Hospital

実は私も留学時代にボランティアをしていました。
私は、カナダのエドモントンに留学したのですが、留学期間University of Alberta Hospitalでボランティアを務めました。 私はHospitalに行き、「ボランティアを希望します」と体当たりをしてみました。指定の用紙を渡され、必要事項を書きその場で提出しました。後日にHospitalから電話を貰い面接を受けました。面接では「ボランティアとして、あなたに何か出来ることがありありますか?」と尋ねられました。
留学生ですので、英語力にも自信はありませんでした。海外に出て、改めて「自分に出来ることって何?」と考えてみると何一つないと思いましたが、その場は面接です。自己アピールが必要です。昔にわずか1年ほどですが生け花教室に通ったことがありましたので、「私は、生け花が出来ます!」と言いました。実際は、出来ると断言できる様な技術など持っていませんでした。後日にHospitalから電話を貰い、私はHospital内の売店で販売される花束を作るボランティアのポジションを手にすることが出来ました。私は、自分の力で一歩踏み出したから、得たチャンスなのです。

画像(93x140)

私の留学は、ワーキングホリデイでしたので、平日の午前中はESLに通い、午後は企業で働き、土日はHospitalでボランティアをしました。
仕事内容は、Hospitalの一室にフラワーアレンジメントの先生が来られ、ボランティアの私たちに花束の作り方を指導してくれます。ボランティアの多くは、リタイアーをされたお元気で時間を持て余している年配の白人の方々でした。私1人が20代の留学生でしたので、私は他のボランティアのスタッフから大変可愛がって頂きました。

私は、ボランティアをしてあげているという考えは全く持ち合わせていませんでした。確かにボランティアですのでお給料は頂けませんが、無料でフラワーアレンジメントを教えて頂き、綺麗な英語を喋るカナダ人の年配者たちと知人になる機会を頂き、貴重な経験をさせて頂いていると考え、毎週末休むことなくボランティアを続けました。

当校の生徒たちも、サレー市日本語学校で毎学期3名の生徒たちにボランティアをさせて頂いています。サレー市日本語学校は夏休みに入りましたが、前学期ボランティアをさせて頂いた男子生徒から、「ボランティアをして本当に良かった。ボランティアの最終日に、生徒から“お兄さん、日本語教えてくれて有難う。”と言われた様で、心が熱くなったそうです。

サレー市日本語学校での次学期のボランティア希望者が既に3名手があがっていますので、彼らにお願いする予定ですが、当校の生徒に限らず、帰国生たちでこれから新たに留学に挑戦する生徒諸君。海外で働くボランティアは、かけがいのない体験になりますので、是非ともに挑戦してみて下さい。

どうやってボランティアを探すの?と思うでしょう。高校生の場合は、私たちが手助けをしましょう。しかし、君たちが大学生ならば、ボランティアを探すことから自分の力で挑戦してみましょう。興味を持つ仕事先に、自分の足で出向き、話しを聞いて頂きましょう。例え、その先でボランティアのポジションがなかったとしても、あなたの熱意が伝われば、何処に行けば同じ職種のボランティアが見つけられるか紹介してもらえるかもしれません。どんなチャンスも、自分の努力で得るものなのです!

画像(140x105)

名曲です。
できないからやらないんじゃない できないからこそやるんじゃないの?
負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよ。

♪continue:SEAMO
あきらめるあきらめない決めるの自分
広げてもいないんじゃないその地図
失敗をかめえりみず追えば追うほど輝き増す夢
でも夢じゃない追いかけるのもたやすいことじゃない
しかしやってもないのにグチるばかり
実は夢追いかけたいのに
口癖のように言う「どうせ物事暗く悪い方へ」
そう思うのはむしろ簡単
早いうち自分できる判断
つまりネガティブ思考 捨てて今日から前向きにいこう
絶えず聞こう胸の奥 聞こえるだろう
力強い意志がノックノック
やれるやれるまだやれる 心の底で力をためる
そして叶える 君の人生費やした時間をたたえる
負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね
どんな夢でも叶える魔法 それは続けること
苦しみ悲しみ その先見える光 自分の道ずっとずっとcontinue

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時34分
2010年07月07日(水)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

今日、ジュニアESLのクラス変えが行われました。
今回のクラス変えの結果は、1名の生徒(H☆i君)がレベル2からレベル3に進級しました。H☆i君おめでとう!!

昨日、入学試験を受けたOK君は、今日からレベル4に入校しました。K君は、2ケ月間日本に帰っていたのですが、それなのに良い成績を修めることが出来て嬉しく思います。
K君もレベル4でトップを目指せ!

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

そして、美香さんから聞いた話しですが、Sullivan Heights Secondary School に在籍し、既に就学期間を完了し帰国した学生TKちゃんが受講していた美術の先生からK☆iにメールが送られたきたそうです。
メールの内容は、「美術のクラスに君が出席していないことを寂しく感じています。あなたの美術作品が、Senior B/W category at the Cloverdale Legion Branch 006 levelで2位に入賞しました。」といった報告メールでした。入賞賞金が出来るとも聞きました。
写真の作品は、入賞した作品の下絵です。入賞作品は展示されているので、私たちの手元にはありませんが、下書きはスタッフルームに飾られています。
K☆i、君はカナダの現地高校にしっかりと足跡を残すことができましたね。これは本当に本当に凄いことです。

私は、カナダ分校に入学した生徒たちが全員 大学は英米学科に進学すべきなどとは思っていません。将来、美術関係の道に進みたい学生は美大に、数学が得意な学生は理数系の学部に進学するべきと思っています。どの学部に進学しても、英語が出来た方がより未来が開けることには間違いはないのですから。K☆iには美術の才能がある。これは、カナダの高校も認めた事実なのです。

画像(145x108)

今日は、OAちゃんの20歳のお誕生日です。
彼女もカナダで長期留学を過ごしましたが、初志貫徹で夢を適えて千葉工業大学の工学部に進学しました。A☆e、東京での生活はどうですか? バンド活動も続けているのかな?
20歳のお誕生日、おめでとう。

画像(145x93)

今日は、A☆eのためにHappy Birthday!
♪birthday song:orange pekoe -
角砂糖みたいな笑顔に触れて
胸の奥溶けていく君は
ずっと前の今日に生まれたの
君に贈るよHappy birthday
黄金色した優しい千もの糸が
永遠に君を包んでいくだろう
星月夜も窓から微笑む
君に贈るよHappy birthday

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 14時36分
2010年07月06日(火)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

高校の英語の教師の資格を持つ呉先生。
ワークビザを持たれる1年間、当校でパートの先生とし勤務を頂いてきましたが、労働ビザが切れたので、明日日本に帰国されます。
帰国早々に教員採用試験を受けると仰っていました。
呉先生は、TOEICはなんと満点のスコアーをお持ちです。
カナダに来て、幼児教育にも目覚めたそうで、高校の教師が天職だと思っているけれど、小学校の教師にも興味があると仰っていました。
今まで、色々な教員の方に働いて頂きましたが、呉先生はなかなか面白いキャラクターをお持ちで、私は好感を持っていました。
呉先生、1年間本当にお世話になりました。
呉先生の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げております。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

先週末に1人の学生がホームスティを移動しました。
R☆aちゃん、新しいホームスティ先で心機一転、留学生活を楽しんで下さい。
今日は、H君がR☆aちゃんの登下校のお手伝いをしてくれました。
H君はいつもより随分と早いバスに乗って、R☆aちゃんのホームスティ先まで迎えに行ってくれました。
帰国生たちは、ブログに写るH君を見て、「あの写真のカッコ良い子は誰?」と聞いてきますが、H君はカッコ良いだけではないんだよ。すご〜く優しい男の子なのです。
実は私もファンです(笑)。

画像(145x96)

♪甲斐バンド - HERO(ヒーローになる時、それは今)
HERO ヒーローになる時 Ah Haそれは今
HERO 引き裂かれた夜に お前を離しはしない
生きるってことは 一夜かぎりのワン・ナイト・ショー
矢のように走る 時の狭間で踊ることさ
今夜お前はヒロイン もう泣かさないよ
この魂のすべてで お前を愛しているさ
銀幕の中 泣き顔の ジェームス・ディーンのように
今が過去になる前に 俺たち走り出そう だから

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 13時26分
2010年07月05日(月)

↑タイトルをクリックすると曲が流れます。

画像(128x180)・拡大画像(228x320)


カレンとN☆iちゃんからメールを頂きました。
カレン、N☆iちゃん、マイミー、K☆i の4人が集まり、大阪で遊んだそうです。

このプリクラ、3人ともにアイドルの様に可愛くないですか?

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

カラオケに行き、N☆iちゃんは熱唱したそうです。私もその熱唱見たかったよ。
彼らは4名ともに受験生です。
それぞれが受験に向けて頑張っているそうです。
彼らから届くメールを受け取り、読んでいてとても嬉しいことは、其々が自分の夢に向って頑張っていることです。君たちの夢が叶う様に、今だから出来る努力をして欲しいと思います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

話しは変わりますが、数週間前に、おばさん2名(失礼)がKGICに入校してきました。英語が出来ないので通訳を頼まれ、彼女たちのTCを換金するために銀行にお付き合いしたり、困った時のサポートを少々務めました。
お二人から、私のブログに載せても良いと了承を頂きましたので写真を掲載させて頂きますが、年齢は伺っていませんが、お二人共に50代くらいでしょうか。
お二人はお友達同士でカナダに留学し、同じホームスティ先に滞在されています。
お二人を見ていたら、留学に年齢制限などないのだと感じました。
私もいつか、モントリオール行って第3言語を勉強したいと真剣に思っています。
お二人から「でこちゃん、ひでちゃん、と呼んで。」と、可愛らしい一面を見せてくれましたが、先週の金曜日で短期留学を完了されました。
でこちゃん、ひでちゃん、本当に良く頑張りました!お疲れ様です。

対照的な生徒として、KGICに愛とノンにそっくりな大阪の小学生女子2名が在籍しています。彼女2人は、毎日スタッフルームに入ってきては私たちスタッフの前で漫談を繰り広げてくれます。彼女たちは「うちらの名前、愛とノンと違うし。。。」と思っているでしょうが、どうしても愛とノンと呼んでしまいます。

画像(150x150)


7月3日は、FYちゃんの21歳のお誕生日です。Yちゃんが高校生の時に来加した時、Yちゃんを初めてとして他の生徒たちも本当に良い子ばかりで、奇跡の学期と呼んでいました。そんな彼らも、みんな20歳を超えました。
これからは大人として、後輩たちの良き道しるべとなってあげて下さい。Yちゃん、お誕生日おめでとう!

画像(170x128)

帰国してしまっても、君たちは今でも私の生徒だと思っています。
私は君たちの羅針盤になれているだろうか。。。
君たちに恥じない様に、間違った生き方でけはしないでいきたい。
♪銀の龍の背に乗って:中島みゆき
あの青ざめた海のかなたで
今まさに誰かが痛んでいる
まだ飛べない雛たちみたいに
僕はこの非力を嘆いている
急げ悲しみ 翼に変われ
急げ傷跡 羅針盤になれ
まだ飛べない雛たちみたいに
僕はこの非力を嘆いている
夢が迎えに来てくれるまで
震えて待っているだけだった昨日
明日僕は龍の足元へ
崖を登り 呼ぶよ「さあ、ゆこうぜ」
銀の龍の背に乗って
届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って
運んでゆこう 雨雲の渦を

★アメブロもしています。どうぞ、併せてご覧下さい。
 http://ameblo.jp/vancouver-tsushin/

Posted by spacecanada at 11時49分

過去の記事へ