電話番号:06-6225-2645

無料で通話ができるSkype

スカイプ(Skype)にてカナダから直接留学カウンセリング(無料)が受けられます!

保護者(ご両親)の声

2016年04月28日(木)

1ヶ月就学したR君の保護者より

本当に有難うございました。

喜んで帰ってきました。又行きたいと話しています。
ホームステイの家でもよくしてもらって楽しかったといろいろ話をしてくれました。

私と犬1匹とくらしています。
私に何かしてほしい事あるかと聞いてきました。 私にはカナダに行かせてもらったkら今度は僕がすると言いました。今までそんな事は言った事がないのでびっくりしました。
落ち着いて、あかるくなって帰ってきました。喜んでいます。

又、カナダに行った時はご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
ホームステイの家族様にもおせわになって有難うございました。喜んでいると伝えて頂ければうれしいです。

 Nより

Posted by spacecanada at 07時00分
2016年03月12日(土)

ほんとにありがとうございました

ほんとにありがとうございました。

寝坊して遅刻や欠席…が心配でしたけど、クリアできたようでほっとしています。規則正しい生活をしていたようで、驚いております。

メールやラインで大事なことは報告してくれていました。写真も送ってくれましたし、HPを拝見するのも楽しみでした。

「友達いっぱいできた〜」「帰りたくなかった〜」を繰り返しています。時間があるとついついカナダでの写真を見たり、思い出に浸ったりしてしまうそうです。友達の写真を見せて一人一人名前と出身国を教えてくれたりもしました。チップはどういうときに出すものか、「Mr.」などの使い方はどうか、など、私の知らなかったこともあれこれ教えてくれています。

バイト先に来る欧米人への対応もスムーズになり、会話のスピードにも十分ついていけるようになったと、誇らしげです。

こんな幸せそうな娘を見ていると私も幸せいっぱい!

帰国翌日からアルバイトに出ております。余韻に浸りすぎるより、エイヤッと出てしまうほうがいいか…と帰り道に話していたのですが、さすがに「ゆっくり寝たい」ともらしています。翌々日にはバイト帰りに岩盤浴へ連れて行きました。素直に喜び「これでバイトも頑張れる」というつぶやきが…。

あちらのスタッフの方ともお約束しているようで、次回は半年留学したいと申しております。そのためにもバイトに精を出すとかたい決心しているようです。私もできる以上のことをしてやりたいと思っております。

本当に貴重な経験をさせていただきまして、ありがとうございました。またお世話になることと存じます。そのときはよろしくお願い申し上げます。 (L)

Posted by spacecanada at 03時53分
2011年03月10日(木)

〜娘の留学への感謝の気持ち〜長尾谷高校 Sさんのお母様より

前田容子さまはじめスタッフの皆様
前略
この度は本当に娘の留学でお世話になりました。
今まで娘は、自己中心な生活を送ってきたので、上手く一ヶ月やっていけるのか、本当に不安でした。
ホームページを毎日覗いて、容子さんのブログ等で、そちらでの生活がよくわかり、心穏やかに過ごせました。丁寧な対応に本当に感謝しています。
娘の話で、寄せ書きにありえないほどおおきな字で書いて怒られたこと、不用意に男の子のホストファミリーの家で男の子と二人きりでいて怒られたこと、友達とけんかして、友達が謝ったから「許してやった」こと、(本当にすみません)重い目をして持たせた夕食の食材も、結局作らずに無駄にしたこと、、などなど、聞いていて頭を抱えるような話の連続でしたが、本当に楽しそうに話す娘をみていて、一ヶ月前には考えられない生活だったのだと、涙がでるほど嬉しく思っています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

性格的なものが災いしてか、高校2年のクラス替えで新しいクラスになじめず、長尾谷高校に転校しました。
通信制で、新たな友達もできず、最近は家でひたすらゲーム三昧でした。何か高校時代の楽しい思い出、と参加した短期留学でしたが、一緒に行ったお友達ともとても仲良くなったみたいで、感謝の言葉なんて言ったこともなかった子が「ありがとう」と言ってくれました。
皆さんのお陰です。娘のわがままにつきあってくれ、本気で怒ってくれ、親身に話を聞いてくれた皆々様、そしてホストファミリーのご家族様、本当にありがとうございました。
続けて留学生活を続けているお友達の方々にもお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。
まだまだ人間として、未熟な娘ですが、こんな貴重な経験を通じて少しずつ、成長してくれること、気長に見守っていきたいと思います。取り急ぎ、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

Posted by spacecanada at 12時52分
2010年08月31日(火)

初体験の海外留学は成功!OT君のお母様より。

お蔭様で、Tは無事に帰宅いたしました。

伊丹まで迎えに行きましたが、『楽しかった』を連発していました。

しんどいこともあったようですが、それ以上にたくさんのいい刺激を受けたようです。

生徒たちが自分より年下が多く(Tは高3だから当たり前ですね)
でもみんな偉いねん、と言っています。

日本以外の国の生徒は夏休みが長くて、夏休みだけの生徒でも2ヶ月留学できるそうですね。
Tはちょうどいいペースになってきたところで帰国、で残念がっています。

容子さんをはじめスタッフの皆さん、先生、ホストファミリー、いいお友達のおかげで、Tにとっても送り出した親にとっても初体験の海外留学は成功に終わりました!!
スタッフのみなさん、たくさんのフォローをありがとうございました。

ホストファミリーからいろいろお土産までいただいてきました。
1Lのメイプルシロップ!
そしてほぼ1Lのラズベリージャム!
カナディアンウイスキー・・・
なので、重たい教科書類は手荷物にして、その紙袋が破れて成田でナイロン手提げをもらったそうです。
教科書が入らないほど何をトランクに詰めて帰ってきたのかと思ったら!
ありがたく、シロップやジャムは小分けして保存しながらいただきます!!
カナダのウイスキーは初めてです。 主人とハイボールでいただきます。
面倒をみていただいた上に、本当に恐縮です。
拙いながらお礼のメールをしておきますが、容子さんからもどうぞよろしくお伝えください。

ご心配おかけしたスモークサーモンですが、教科書の間にはさまれて、ちゃんと家まで着きました!!

3年後イケメンJyoくんと日本の大学のキャンパスでお目にかかれるようになると嬉しいです。

最後になりましたが、亜子さん、元気なお子さんをご出産されますように!!

皆さんありがとうございました。
またの機会にもどうぞよろしくお願いいたします。


Posted by spacecanada at 01時53分
2010年07月30日(金)

長尾谷高校 N.K君のお母様からのお手紙

この度は、先生方、ホストファミリーの皆様、スタッフの方々には、息子が大変お世話になり、本当にありがとうございました。約1年間の留学から帰国した息子は、活々とし、色々な面で成長して帰ってきました事を、家族一同、大変うれしく喜んでおります。
帰国後は、毎日、カナダでの生活で楽しかった事、うれしかった事など、色々なお話をしてくれます。辛かった事や辛抱した事、寂しかった時もあったようですが、それらも乗り越えた事が自信となり、成長できたと言います。
そして、今後は自分の行きたい大学受験に向けて意欲的に勉強に取り組んでいます。留学前はダラダラとした高校生でしたが、約1年間の留学によって成長し、変われた事が本当に良かったと思います。ありがとうございました。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

Posted by spacecanada at 15時03分
2009年08月05日(水)

長尾谷高校より、6か月留学を経験されたIさんのお母様より  “カナダ留学で、生きる力、喜びをもらいました”

初めに、ホームステイ先の皆様、スペースカナダの皆様、KGIC、長尾谷の先生方、娘の事を温かく見守り、支えてくださり、本当にありがとうございました。
 留学前は、自分の思うようにいかなかったり、気に入らない事があったりすると、“しんどい、死にたい”と言い、泣き叫ぶことがよくあり、親としてどうしてあげたらよいのか途方に暮れる毎日でした。家族以外の人の中で、今と違う生活環境だと、自分も少しは強くなれるのではと、留学を希望して旅立ちました。メールもなく、電話も用事のあるときだけだったので、カナダでの様子も分からず、心配でした。途中、何度か調子の悪い日もあったようですが、ホストマザー、スタッフの皆様のサポートのおかげで6ヶ月間という長い期間を乗り切り、元気な姿で帰ってきました。
今、娘は、“カナダに帰りたい。カナダが恋しい。”と毎日のように言っています。思い出の写真を整理して、たくさん話しをしてくれました。写真に信じられない数の友人達と、仲良く肩を組み笑顔で写っている娘を見て、この留学体験が娘の人生の大きな力になってくれたと確信しました。

Posted by spacecanada at 14時25分
2009年04月14日(火)

カナダで毎日朝から学校に通えてたことが嬉しかった

海外に行ったことがない娘はバンクーバー高等学院のHPを見つけて「行ってみたい」と言ってから「行く」と決断するまですごく時間がかかりました。カナダに行く前、不登校で、不規則な生活をしていた娘にとって、カナダで毎日朝から学校に通えてたことが嬉しかったようです。今回の留学が初めての海外だったので私たち両親は心配でたまりませんでした。出発から数日後、今川さんからお電話いただき無事に着いたと知りすごく安心したのを覚えています。その後は、現地の先生方のサポートやバンクーバー高等学院の生徒さんたちの優しい気づかいのおかげで何のトラブルも無く楽しく生活できたと本人も言っています。3週間という短い期間でしたが、沢山の貴重な体験や良い思い出ができたようです。色々お世話になり本当に有難うございました。

Posted by spacecanada at 14時55分
2009年04月08日(水)

この滞在は、彼女にとって宝物であり財産〜長尾谷高校 M.Tさんのお母様より

2ヶ月間の留学を終えて10日が過ぎました。
滞在して1週間目で「楽しいよ、先生もホストファミリーも親切でやさしいよ。」と連絡があり、半月過ぎた時、最初は1ヶ月の予定でしたが、「英語をもっと勉強したいから、もう1ヶ月滞在したい」と言う強い希望を受け入れました。
 1年前は、考えてもみなかったカナダ留学。
色々な事があり、昨年5月にホームスティのある長尾谷高校へ転入、今すぐにでも家を出たいという気持ちもあり、待ちわびた留学でした。
帰ってきて彼女は「2ヶ月滞在することができたからいろいろな事がわかったし、何かふっ切れた。1ヶ月では何も変わらなかった。」と言いました。
独立心の強い彼女は、繊細な部分も持ち合わせており、やさしく接して下さった先生方には色々な感情を出せたようです。
この滞在は、彼女にとって宝物であり財産であると思います。
経験したこと、色々な人達との出会いをこれからも大事にし、自分を信じて頑張って欲しいです。
今は、学校で知り合った海外の友達とメールをしていると話してくれます。また、絶対、外国へ行くと言っております。どこへ行くかは??わかりませんが・・・。
ホストファミリーの皆様、先生方 本当にお世話になりありがとうございました。

Posted by spacecanada at 11時09分
2009年03月16日(月)

1ヶ月留学を終えたNさんのお母様より

この度はカナダ留学でお世話になりありがとうございました。
今回の留学は出発前日にインフルエンザになり1週間延期になってその為、一人でカナダまで行かなくてはならなくなり本当に波乱で始まってしまいました。

エアーカナダに乗ったとき、さっそく座席を間違えて乗務員の方に英語で怒られたらしのですが何を言っているのかわからなくてあせったようでした。

何とか到着はしたものの、かなりの緊張はあったようです。
とりあえずみんなのいるリビングにはいつもいるようにすると決めていたのが後々良かったようで、特にホストマザーによくしてもらったようでした。
それでも学校にはなかなか馴染めなかったようですが、友達もでき今もメールをしています。

日本とは考え方の違いとか服装の違いとかいろいろ勉強になったようで人は見栄えじゃない、いろんな人がいるけどそれぞれその人の個性なんだと考え方が変わったようです。
日本という国は、人と同じでないと不安になったり、いじめに合うんじゃないかと心配しなくてはならない様な所があって悲しくなります。

とはいうものの、1ヶ月しか滞在していないのにまだまだ知らないことがいっぱいあると思います。
その為にも、もう一度カナダに留学をしたいといっております。
いつになるかわかりませんが、そのときは宜しくお願いします。

Posted by spacecanada at 10時45分
2009年03月10日(火)

将来へつなぐ道

高校2年の4月から8ヶ月間、トロントで語学留学後も、
継続して留学生活を続けて行きたいと、娘の強い希望がありました。そんな中、貴校の、カナダで英語を勉強しながら日本の高校卒業資格を得られるという、素晴らしいシステムに出会いました。日本事務局の今川さんは、お会いすると同時に、日本の高校、留学のカリキュラム、ホームスティ先を現地と詳細に連絡を取って設定して頂き、翌年、1月からバンクーバーでの留学生活に送り出す事が出来ました。
当初は、半年間の語学留学の予定でしたが、現地の一般高校に就学迄に至り、本日、日本の高校の卒業式を迎える事が出来ました。
留学中は、特別活動、誕生会、食事会等の様子がホームページで紹介され、現地での生活が伝わり安心しました。また、前田さん始め、上田さん、現地の先生方、ホストファミリーには大変お世話になりました。
学習の方法だけでなく、生活習慣、将来の不安や悩み事にも、家族の様に親身になって相談にのって頂いたお陰で、無事に、1年間の留学生活を乗り越える事ができ、更に将来の方向性を見据える程、大きく成長しました。
帰国後は、また、カナダで生活出来る事を目標に、新たな進路に期待を膨らましています。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。


Posted by spacecanada at 00時48分

過去の記事へ